「天空地人」ご来場ありがとうございました。

「天空地人」@横浜開港アンダパンダン展雨の中、多くの方におこしいただき大変ありがとうございました。

自分たちの振り返りを含めてご報告させていただきます。

この展覧会は、地下から3階まですべてのフロアーを使って展示されているので、すべてのフロアーを使用して踊りました。

テーマの天空地人に合わせて地下を地の間、1回を空の間、2回を人の間、3階を天の間としてお客様には地下から3階に移動しながら踊りを楽しんでいただきました。使わせている写真は、すべてTanaka Chihayaさんに撮影していただいたものです。Chihayaさんありがとうございました。

地の間:久世龍郎の舞踏

空の間:佐藤ユリカの笛

人の間:佐藤ユリカ・LINAの舞踏

天の間:舞踏 加藤道行・唄 ガングドラム演奏 莉玲

最後天空曼荼羅とし全員で舞踏

お役様スタッフ出演者と記念撮影

ご報告最後にご来場いただいた原田洋二さんからfbに投稿いただいた素敵な一文を載せさせていただきます。

あふれ出てくる原初的な力能が導く所作のような、
見えない緊張の糸を弾かずに指に掛け続けることを記譜しているような、
息が詰まっても背中の羽根が疼いて記憶が羽ばたく、
一動一止。(原田洋二)

ご来場いただいた皆様、このパフォーマンスの成功に心砕いてくださったアンダパンダン展のスタッフ宮崎和之さん、成澤朱未さん当日スタッフとして支えてくれた大野一雄舞踏研究所の仲間、久世亜紀さん、馬場由悠衣さん皆様に感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

加藤道行拝

 

 

広告

明けましておめでとうございます。

天空地人イメージ写真・撮影:LINA


明けましておめでとうございます。

旧年中は、大変お世話になりました。

今年は、仕事、踊りと共に大きな転機となりそうです。この流れを大切にまた、出会いを大切にを心に刻みこの一年を過ごしていきたいと思います。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年の初踊りは、慶人先生の奥様が通うヘアサロンで働く踊る美容師のYoshikiさん主催のダンスイベントに参加します。

歌手の莉苓りれいさん、ドラマーの二神基さんとのコラボで名づけようのないパフォーマンスをする予定です。(詳しいことは見てのお楽しみ)

私たちの出番は、1部二組目予定です。

 

もし君がAIせたなら

平成最後の冬に見つめ合う

「ヒト」と「Al」による「アイコンタクト」。

共に手を取り合う事で

新しい時代が今、幕を開こうとしている。

表現者による即興コラボパフォーマンス

ダンサー、舞踏家、歌手、ギタリストによる即興コラボパフォーマンス

テクノロジー(Al技術)と人間本来が持っているもの(愛、感情)によるケミストリーを

パフォーマーが表現をします。

【タイムテーブル】
20:00〜Open

《1部》
20:30〜
一組目
20:50〜
二組目

《DJタイム 30分》
21:10〜21:30

《2部》
21:30〜
三組目
21:50〜
四組目

【場所】
〒150-0042 東京都 渋谷区宇田川町17-1
Event Lounge Warp

男性2500円(1D)
女性1500円(1D)

お問合せ・申し込み
09093035035
m.2in2tem8tohki@outlook.jp
加藤
そして、3日後の12日には富士の写真を取ってくれたLINAさんも参加していただく研究所の仲間との舞踏公演「天空地人」を横浜開港アンダパンダン展の中で行います。この場を用意してくださったすべての関係者の皆さんに感謝です。
「天空地人」
舞踏 加藤道行 久世龍五郎 LINA
舞踏・音霊 佐藤ユリカ日時 2019年1月12日土曜日17時スタート17時30分終了予定
入場無料
場所 横浜市民ギャラリー地下1階
JR桜木町駅より徒歩10分くらい〒220-0031 神奈川県横浜市西区宮崎町26−1https://maps.app.goo.gl/9CzmUお問合せ

09093035035
m.2in2tem8tohki@outlook.jp
加藤
会場へのお問合せはご遠慮ください。

祝 慶人先生80歳!!それぞれの花を捧げる

by Xingni Li

昨日は、一日早かったのですが、慶人先生の80歳を祝う会を研究生みんなで執り行いました。

今年は、いつもの誕生会と趣向を変えて、パーティの前に研究生がそれぞれ今できる精いっぱいの踊りを花として先生に捧げる時間を設けました。

踊りの構成は、研究所に通う年数が古い人から踊るということにしました。

通常は、こういった会は古い人が最後になるものですが、あえて逆の構成にしました。80歳を越えた慶人先生と共に研究生みんなで研究所の未来をつくっていきたいという思いを込めた構成です。

この日を迎えるまで紆余曲折があり、大変なこともありましたが、それぞれ思いを込めたの研究生の花(踊り)をたしかに慶人先生に受けとっていただけたことを実感できました。そして、この日の想いを大切にみんなで研究所の未来をつくる歩を慶人先生と共に一歩ずつ進んでいこうと強く感じることが出来ました。

最後に、陰日向にこの会をバックアップしてくださった圭子さんをはじめとする大野家方々、この日の磁場を一緒につくってくださった尾形さんをはじめとするゲストの方々に篤くお礼を申し上げます。ありがとうございました。

撮影:佐藤ユカ

撮影:佐藤ユカ

撮影:佐藤ユカ

撮影:佐藤ユカ

撮影:佐藤ユカ

撮影:佐藤ユカ

ダイジェスト映像はこちらになります。撮影は、Xingni Li さんがご好意でしてくださいました。

 

武士の舞、楽しかった。

歴史演劇『鎌倉四兄弟-最後の晩餐-』(主催:鎌倉もののふ隊)にお越しいただいた皆様ありがとうございました。

初の武士の舞、無事に終了しました。他の演者の皆さんの熱い演技に圧倒されつつ、舞踏家として内面凝視の肉体を置くことが自分のできることと考え役作りを行いました。

源平合戦前夜、鎌倉のある一族が源平どちらにつくか激しくぶつかりながら合議する物語の中で、同じ一族が敵味方に分かれて戦わなくてはならない痛みを表す踊りを踊らせていただきました。

 

もののふ隊大将の熱演

もののふ隊副将の舞

踊りに笛の音を添えてくれたのは、大野研の仲間の佐藤ユリカさん

 

私の役は、長江義景という鎌倉時代に今の逗子あたりを収めていた方。上演に先立ってこの方のお墓の跡地にご挨拶しました。その場所は、中世そのままのような田園風景の中にありました。

終演後は、もののふ隊オリジナルラベルのビールで乾杯。座談会を挟み、交流を深めました。

最後に、今回歴史上の人物を演じさせていただくにあたって、ゆかりの深い神社に参拝させていただきましたが、まったく違った気を持つことに驚かされました。

(人物写真は佐藤さんとのツーショット以外は、鈴木啓之さんよりfbからシェア)

 

 

 

武士の舞

2月にチャンドラ・スーリヤで踊らせていただいたご縁で初の時代劇に挑戦させていただくことになりました。なんと甲冑姿で武士の舞を踊ります。歴史的に有名な源平合戦前後、歴史の表舞台立つことがなかったもののふどもの一夜の物語です。もののふ隊という鎌倉で歴史イベントを行うNPOの演劇ですが、鎌倉武士に対する思いは半端なく、ジリジリとその熱い思いが伝わってくる作品です。刀の扱いなど所作に戸惑うことが多く練習は大変ですが新しい体験のワクワク感も感じています。30分程の上演の中のほんの一舞ですがお立ち会いいただけばうれしく思います。

第24回 演劇『鎌倉四兄弟-最後の晩餐-』角田晶生版

2018年6月23日(土)
開場:12時30分
開演:13時00分

会場 :深沢の砦(鎌倉市常盤18湘南ボウル2階MAP

湘南モノレール湘南深沢駅から徒歩3分、鎌倉武士体験処にて、誰でも入退場自由です。

入場および観劇は無料。
(活動維持のため寄付を募っておりますのでご協力をお願いいたします)

定員
限定40名まで

大庭平三郎景親(41):後日発表
懐島平太郎景義(43):森川孝郎
豊田平次郎景俊(36):小林敬
俣野平五郎景久(34):後日発表
香川権六郎家政(43):藤田幹人
梶原平三郎景時(41):菅原隆

原作:鎌倉智士 脚本:角田晶生 補助:笠井千恵

鎌倉智士著書『鎌倉四兄弟-最後の晩餐-』絶賛販売中
https://www.seichoku.com/user_data/booksale.php?id=155842488

敗者は歴史を語ることができない…。
源頼朝が鎌倉に攻め込んでくるもっと前の時代。
鎌倉を拓き、守り、治めてきた一族たちがいたが、いまとなっては彼らのことを語り継ぐ者はいない。
これは、鎌倉の礎を築き、人々の暮らしを支えてきた彼らへの供養の気持ちを著した物語である。 -鎌倉智士-

限りなく忠実に 史実に基づくフィクション
鎌倉四兄弟-最後の晩餐

さようなら栲さん

桜舞散る中、栲さんの訃報を聞いた。初めて栲さんにお会いしたのは、まだ、首くくり栲象と名乗る前のことだった。大野一雄先生が定期的にスタジオ公演をされていた時に観客としていらしていた栲さんを慶人先生から大切なお客様とお聞きしてお宅まで送らせていただいたのが、出会いの始まりであった。自宅に着くと「みていくかい」とおっしゃりその日の首くくりをはじめられた。のちに庭劇場と名付けられたその場所で、真夜中の暗闇の中で宙に浮く肉体をみたときにまるでシャガールの絵の世界が目の前に現れたような錯覚を覚えたことを今でも鮮明に思い出す。

それから栲さんとの長いおつきあいが始まった。一雄先生の介護をしているお礼だからとおっしゃり、二度の白州に美術として同行してくださり、ソロ公演「雅な鳩」でも美術を担当してくださった。

白州で黒沢美香さんとの出会い、加藤君がきっかけをつくってくれたとおりにふれて話してくださった。人に紹介してくださるときも「大野先生を介護していた」から「僕と美香の出会いのきっかけ」の加藤君にいつのまにか変わった。

二年前、栲さんから一緒にやろうと再び声をかけてくださり、初めて栲さんの首くくりと踊ることが出来た。「やりたい場所は、ありますか」とお聞きすると大野一雄舞踏研究所と即答された。慶人先生にこのことを相談すると快諾してくださり、公演「十」が実現した。この公演の中で栲さんは、7回の首くくりを行いまさに命のやり取りとなるような舞台を経験させていただいた。

公演「十」の十は、想いが混じり合う十字路の十でしたね。栲さんの肉体は消え去ってしまったけれど重なり合った思いは忘れることなく、私の中に生き続けます。

栲さん、今まで本当にありがとうございました。安らかな眠りにつかれますよう、お祈り申し上げます。

公演十集合写真
撮影:Hitomi Hasegawa
大切な思い出の1枚

 

 

満員御礼ありがとうございました。旧正月バーティ@ チャンドラ・スーリヤ

去年、旧バラ荘で踊った時にいらしてくださった松坂さんのお店のチャンドラ・スーリヤでの旧正月バーティに多くのお客さまにいらしていただきありがとうございました。

舞踏と朗読(加藤道行:佐藤ユリカ:なめたえつこ:シンギングボウルおかべひろこ:無茶ぶりのレインスティックで加わったあべたかし GOLD& キラキラみさこのお二人)、朗読(関水たまこ)、コンサート(あべたかし GOLD& キラキラみさこ)という構成の中、甲冑武士(鎌倉もののふ隊)も加わるという出演者十人十色の混沌としたイベントでしたが、インドの神様の絵が見守ってくださる中、終わってみると皆が笑顔の素晴らしい会となりました‼

私たちのパートでは、あべたかし GOLD& キラキラみさこのレインスティックの音から始まり、なめかたえつこさんの朗読「石牟礼道子の苦海浄土から花の供養という一節」から大野一雄舞踏研修所の仲間の佐藤ユリカさんの笛「星めぐりのうたや庭の千草」の音と踊り、と踊り、そして、私の無我童子を題材にしたクウちゃんダンスを桜の花びらと共に3人で踊る中、おかべひろこさんのシンギングボウルが加わるという豪華なコラボレーションとなりました。

(撮影はHitomi Hasegawa)

お客さまは、ほとんどの方が舞踏を初めて見る方とのことでしたが、とてもあたたかい拍手いただけました。

主催の松坂さんからは、舞踏を初めてみるという高校生や大学生といった若い方々も感激してくださったといううれしいメッセをいただきました。

何とうれしいことに若い方も舞踏の稽古に行ってみたくなったこと。今度、若い方を連れて、上星川の稽古場にきてくださるそうです。うれしすぎる!!

最後に出演者の皆様、企画してくださった松坂さん本当にありがとうございました。