研究所の若手と共に

撮影:坂巻裕一

撮影:坂巻裕一

1月29日、万城目純氏の企画する劇場(本所松坂亭劇場)のこけら落とし公演「マロウの翔飛」に大野一雄舞踏研究所の若手3名と共に参加しました。

(改めて万城目さん、ありがとうございました)

3人には、一雄先生の稽古の言葉より抜粋したテキストを渡し、打ち合わせなしの完全即興で臨みました。

打ち合わせなしということで、戸惑いもあったと思いますが、それぞれ頑張って素敵な時間と空間を創造してくれました。

その後、慶人先生より、公演後の振り返りの踊りをしなさいとお話をいただき、慶人先生の前で、同じ構成で踊らしていただくこととなりました。

それぞれのメンバーが、29日の体験をどう消化して2回目に臨むのかとても楽しみです。

撮影:坂巻裕一 舞踏:広岡愛

撮影:坂巻裕一
舞踏:広岡愛

撮影:坂巻裕一 舞踏:吉法師

撮影:坂巻裕一
舞踏:吉法師

撮影:坂巻裕一 舞踏:末松義雄

撮影:坂巻裕一
舞踏:末松義雄

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中