素敵な場所で命の交感

Green Woman”宮下昌也作品展『みどりの風と唄の物語』での命の交感の舞踏、多くの方に喜んでいただき無事終了しました。

急遽、お手伝いをしてくれた研究所の金さん、オープニングに素敵な音を奏でてくれた高橋誠さん、華やかな花をそえてくれた竹村かおりさん、プロデュースをしてくれたあすわの天耀さん等々、今回も多くの方に支えられての成功です。

会場につくと雨にもかかわらず外のテラスにも作品が展示されており、これは外から踊るしかないと腹を決め、外から踊ることにしました。

外では、オブジェ的な動き、中へ入ってからは、少し動きのある踊りを見ていただきました。

踊り終わった後は、「一人ひとりが、美しい花である」という舞踏の教えをもとに、皆さんに花になっていただくというプチワークショップしました。

そして、花となった皆さんと命の交感をしながら一緒に踊るところまで自然と流れて行くことがてきました。

終演後、宮下さんの作品を見せていただいていること一冊の絵本が目にとまりました。

何気なくページをめくっている「あめが はこぶよ いのちのながれ くるくる つながる つながる いのち うみと そらと だいちが つながるよ」ということばが!!

正に今日雨の中、外から踊りを始めたかった意味が、書かれていたのでした。

DSC_0111

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ

にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中