6月は女神でファッションショウ

昨日は、6月に出演するダンスファッションショウの打ち合わせにプロデューサーの天耀ちゃん&タカピー宅へ。

私の前後で踊るダンサー竹村かおり さんとの前後の流れの打ち合わせと踊りのデッサンのすり合わせをしました。

いつもながら時間をたつのを忘れてしまい、せっかく用意してくれたディナーの後の和菓子をいただけず、ドタバタと失礼することに

全宇宙の楽園女神あすわダンスファッションショウなるこのショウでの役割は、許しの女神です。

さて、この難題に悩みながら今日は久しぶりにダンスセラピーの仕事がないので慶人先生の日曜日の稽古に参加しました。

どういう流れでそうなったのかよく覚えていないのですが、一雄先生の「ラ・アルヘンチーナ頌」のファーストシーンをすることに

慶人先生曰く「クリスチャンの大野一雄が、なぜ神に唾を吐く役を引き受けたのか」「それはクリスチャンなのに戦争に行ってしまった。神を裏切ってしまったという思いからではないのかと思う」「人間は裏切るものであるという考えがあったのではないか」というお話があり、許しというテーマにとても示唆的な稽古をしていただけました。

これから、昨日の打ち合わせと今日の体験をふまえ、踊りの内容を練り直します。

写真: 全宇宙の楽園女神あすわダンスファッションショウベリーダンスリハーサル終了<br /><br /> 終わった後はオーガニックいづつワインと天耀ちゃんが作ってくれた美味しいベジカレー(*^^*)<br /><br /> 舞踏家の加藤さんとプロデューサーの天耀ちゃんと打ち合わせ

プロデューサーの天耀ちゃん&タカピーと竹村さん(左)

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ

にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中