6月は女神でファッションショウ

昨日は、6月に出演するダンスファッションショウの打ち合わせにプロデューサーの天耀ちゃん&タカピー宅へ。

私の前後で踊るダンサー竹村かおり さんとの前後の流れの打ち合わせと踊りのデッサンのすり合わせをしました。

いつもながら時間をたつのを忘れてしまい、せっかく用意してくれたディナーの後の和菓子をいただけず、ドタバタと失礼することに

全宇宙の楽園女神あすわダンスファッションショウなるこのショウでの役割は、許しの女神です。

さて、この難題に悩みながら今日は久しぶりにダンスセラピーの仕事がないので慶人先生の日曜日の稽古に参加しました。

どういう流れでそうなったのかよく覚えていないのですが、一雄先生の「ラ・アルヘンチーナ頌」のファーストシーンをすることに

慶人先生曰く「クリスチャンの大野一雄が、なぜ神に唾を吐く役を引き受けたのか」「それはクリスチャンなのに戦争に行ってしまった。神を裏切ってしまったという思いからではないのかと思う」「人間は裏切るものであるという考えがあったのではないか」というお話があり、許しというテーマにとても示唆的な稽古をしていただけました。

これから、昨日の打ち合わせと今日の体験をふまえ、踊りの内容を練り直します。

写真: 全宇宙の楽園女神あすわダンスファッションショウベリーダンスリハーサル終了<br /><br /> 終わった後はオーガニックいづつワインと天耀ちゃんが作ってくれた美味しいベジカレー(*^^*)<br /><br /> 舞踏家の加藤さんとプロデューサーの天耀ちゃんと打ち合わせ

プロデューサーの天耀ちゃん&タカピーと竹村さん(左)

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ

にほんブログ村

広告

ちょっとの違いですが

DSC_0070

今日は、蒲田でのダンスセラピーの後、ユザワヤへ直行しました。

ダンスセラピーチームで行うパフォーマンスの中で舞踏を踊るのですが、すの中で使う布が今一しっくりこないので新たに購入したのでした。(右が新しい布)

踊ってみると質感が全然違い、いい感じなのですが、質感が上がった分、布の先まで意識をしっかり持たないと行けなくなりました。

何年か前、中国の 崑劇 (こんげき)の役者が、100メートルの布をその先まで意識を巡らせて美しくたっていたことを思い出します。

本番まであと一ヶ月、しっかりつくりこんでいます。

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ

にほんブログ村

仲間の活躍

image

昨日は、ダンスセラピーの仕事の後国際フォーラムで行われているアートフェアに行ってきました。

大野一雄舞踏研究所の仲間、田中誠司さんをモデルしている若手洋画家坂東桂代がブースを出しており、なんとか時間ギリギリで見ることができました。

舞踏家の肉体を通じて、自らの内的世界を具象化する画家の作業はとても興味深く、とても刺激になりました。

4月18日からは、日本橋の春風洞画廊で個展か開催されるとのこと。

坂東さんの初個展を祝って田中さんの舞踏が28日にあるそうです。

お時間のある方は、ぜひ足をお運びください。フライヤー

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ

にほんブログ村

共振

昨日、1年間続いたしょうがいをもったお子さんのダンスクラスが、無事終了しました。

お母さん方にも、子供たちの成長した姿をみていただき、その変化に驚きと喜びの感想をいただきました。

その中のあるお母さんのお話によると、おかしな気候だった日曜日の夜、お子さんが数年ぶりに発作を起こしたそうです。

救急車で運ばれ、病院に行くと同じようなしょうがいをもつご家庭からやはり発作をおこしたという電話がひっきりなしになっていたそうです。

やはり感じやすい魂は、大地の変化に感応しやすいのだと思わさせるお話でした。

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ

にほんブログ村

春です。

今日はダンスセラピーの仕事の後、八王子の友人の元へ。

頼んでいた衣装が、完成したので取りにいきました。

4月に行うダンスセラピーチームでのパフォーマンスの衣装候補でもあります。麻とシルクでつくった美しい衣装ですが、チームのみんなの反応が、楽しみです。

衣装をみた後は、5月と6月に行うイベントの打ち合わせでした。

5月は、画家宮下昌也さんの個展でのパフォーマンス

6月は、女神をテーマにしたイベントです。女神ということでダンサーは女性ばかりですが、なぜかその中に私が踊り手として参加します。

5月のイベントのチラシ

イベント詳細をいずれアップしますのでお楽しみに

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ

にほんブログ村