昨日は

写真は、万城目さんに誘われて急遽出演となったアートイベントの会場。横浜市が空きビルなどをアートスペースとして利用する事情の一環として始まったらしい。戦後間もなく建てられたような住宅街の一角にある空き家となった民家がアートスペースとなった横浜橋アートの間 + Cafe。映像、音楽、演劇、美術、ダンスが即興で絡み合う刺激的な時間でした。私の役どころは、屈折した過去を持つ賞はの男。キャラクター的にはR-15な感じ。万城目さんからこの男の説明を聞き、舞踏の稽古で学んだ下品の見せ方をを駆使してやばい男をやらさせていただいた。ご一緒させていただいた音楽の方や美術の方からは、「やばかったです」、「別人だった」との感想が、映像の坂田氏に至っては階段を上ってくるところから変態だったいうお言葉をいただく。(坂田さんあくまで演技ですからね、あくまで虚構ですよ)さて、今日は、また違った構成での上演が行われたはず。どんな構成になったのだろう。

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ

にほんブログ村

広告

久しぶりのはすとばら またもや飛び入りしてしまいました。

ほぼ1ケ月ぶりの更新です。この間慶人先生の公演があったり、金曜日に官邸前にでかけたりといろいろあったのですが、更新できずに1ケ月が過ぎてしまいました。さて、昨日は、現場を持たせていただいているダンスセラピーの現場の点検日。新メンバーの参加もあり、緊張しながらも無事瀬所んを終え、ご招待をいただいていた三上寛のコンサートへ。韓国のキム・ドォスとのジョイントツアーの静と動という感じで全くタイプの違う二人でしたが、ともに男気がしっかりとたっている素晴らしい舞台でした。

コンサート後は、七夕パーティーをしている「はすとばら」へ。ちょうど始まった音楽とペンティングのセッションに踊りで飛び入り参加。ダンスセラピーで使いそこなった青が基調の竹の柄の着物をはおり、ろうそくのみの照明の中で踊りました。オーディエンスの一人がろうそくひとつで光を当ててくれ、幻想的な光とのコラボも生まれ、会場の蛍に導かれるように踊ることができました。

最後は、短冊をお焚きあげ

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ

にほんブログ村