栲さんナイト

昨日、たくさんの映画を見に行く。監督は日芸の小笠原先生。秀逸。インタビューに答えるたくさんの言葉、どんなに評価されても関係ない。なぜなら明日首つりが上手くいく保証にはならないからが響く。終演後、日芸の先生方、たくさん、池内さんと酒席へ。耐えるということにおいてたくさんの首つりは女性をひきつけると紅一点の参加者からの意見。一同納得する。語り足らず池内さんと再び夜の海に繰り出す。

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ

にほんブログ村

広告