大野一雄フェスティバル 2011 オープニングパーティ

 昨日は、大野フェスのオープニングパーティ。慶人先生がブタペストで不在のため、他の研究生にも声をかけ足を運ぶ。カトリーヌ・サポルタ&プロジェクト大山のパフォーマンスの後、場所を移してのオープニングパーティが開かれる。一通りのあいさつなどの後、韓国のミュージシャン集団(すいません。名前は忘れました。なんでもメンバーは90人もいるとのこと。東北の被災地に行き、そこのがれきで楽器をつくったと言っておりました。)と日本のミュージシャンが即興のセッションを始める。一人のダンサーが踊り始めれば気がつけば我々も踊っている始末。石井さんのところで舞踏を学んでいる中西君とがっつり踊ってしまいました。普段口うるさい批評の方々も面白かったと感想をおっしゃってくださいました。

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ

にほんブログ村

広告