花の祈り無事終了

舞踏公演 花の祈り無事終了しました!ご来場くださった方、観にこれなかったけど応援メッセージを送ってくださった方、本当にありがとうございました!

たくさんの不安を感じながらもきちんと本番に照準を合わせきた辻元さん。何も打ち合わせていないのに公園のブランコのシーンを作り見事にやりたかった子供の世界を現してくれた芝田さん、お二人にも本当に感謝です。

パニック

公演まじかだというのにパソコンが壊れてリカバリー不能の状態に。、瞬パニックになったが、ひとつのメッセージだと思いなおし気持ちを切り替える。

blogを見た方で花の祈りの予約する方は、携帯メールm.2in2tem8tohki@ezweb.ne.jpにご連絡ください。より確実です。

水は光。

光の中で森羅万象全てのものが生かされている。

花もまた太古の昔より生と死の繰り返しの環の中で光に生かされてきた。

泣きながら生まれたてくる嬰児のように

花の祈りもその中にあるのかもしれない。

駱駝が針の穴を通る

昨夜、JINMO 爆展 “id 2″を見に行く。

大野先生と交流があり、以前勤めっていた障がい者施設でコンサートボランティアしてくださっていたご縁があり伺った。

ギタリストとして超絶技巧派は知っていたが、飛んでもないことになっていた。

顕微鏡でしか観れない世界をキャンパスに書いていたのだ。まさに肉眼では確認できないナノ単位の世界を顕微鏡の技術者の協力を得てギターを弾く超絶技法を持つ手で書いていたのだ。まさに狂気の世界。凡人はこんなことをやらされたら気がくるってしまうだろう。

jinmoさんはそれを子供の遊びのように楽しんでいらっしゃる。駱駝が針の穴を通るように。恐ろしいお人です。

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ

にほんブログ村

悲報

慶人先生先生より高井富子さんがお亡くなりになりなったとの連絡が入る。

紫が大好きな方で舞台を観にいらっしゃる時もいつも紫の服を着てらしてとんでもないオーラを放っていらっしゃった。

遠慮のない辛口で、愛をいっぱい持って若い舞踏家を指導してくださった。

大野先生と土方さんが大好きでお二人のお話しをするときはとても嬉しいそうだった。

本当に本当に素晴らしい舞踏家だった。

高井さん、どうぞ安らかに

合掌

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ

にほんブログ村

舞踏小劇場

 昨日は、芝田じゅんさんの舞踏小劇場のオープニングパーティー。集まるべくして集まった人たちで延々と続く即興live。

本当に素晴らしい時間でした。

人が場をつくり、場が人をつくる。まさにそんな感じでした。

半年間若い人たちがここでエネルギーをため次のステップに向かって行ってほしい。

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ

にほんブログ村

一周忌

 昨日、大野先生の映画を観に東中野のポレポレ坐へ。終演後慶人先生の踊りとお話。私たちには忘れてはならないことがある。という慶人先生のお話と静かに一人祈るウサギのダンス心にしみる。そのあとの慶人先生、大津監督、魂の風景の平野監督、日大の小笠原先生達と映画館上の居酒屋へ。最近稽古場に通いだした研究生の高橋さんも合流する。彼女のあるインドのクリスチャンが貧困層の底辺に神を感じた話しに一瞬静かな沈黙。一時間ほどで会は終わり、方向が同じの平野監督と一緒に帰路につく。

 今日は、大野先生の一周忌。午後から他の研究生とともに稽古場の草むしりと掃除を行う予定。

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ

にほんブログ村