久しぶりの赤レンガ倉庫

今日は久しぶりに横浜の赤レンガ倉庫へ。 武田双雲門下生の書道展「ふたばの森へ」にあしを運びました。稽古場に通われている辻元さんが作品をだされておりスタジオの看板を書いていただいたご縁もあって拝見させていただきました。それぞれ思い思いに選んだ言葉を書にされていましたが一番ひかれたのは子ども教室の子たちの作品でした。そのことを辻元さんに話すと「子どもたちは見せようとしないからいいみたいですよ」とのこと。舞踏の稽古でもよく言われることですが、人の心をとらえる秘密を感じられました。

 会場を後にすると外はすっかり、暗くなっており、ベイブリッジの上に見事な満月が大きく浮かんでおりました。

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ

にほんブログ村

広告