細江先生の写真展

昨日、大野一雄先生の写真集「胡蝶の夢」をだされた細江英公先生の写真展を銀座のリコーギャラリーに行ってきました。

人間ロダン展と題され、研究所の舞踏の稽古でもロダンを参考にしており、これは見ておかなくてはと思い足を運びました。

彫刻なのになぜか人間の苦悩など生々しさ感じさせる写真はさすが細江先生です。

その後、横浜のテアトルフォンテに、一緒に大野先生の介護スタッフをした徳光さんの舞台へ。

やはり、大野先生が連続公演をした劇場は独特な雰囲気があり、美しい場面が見られた舞台でした。

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ
にほんブログ村

広告