ARICA in 歌舞伎町

金曜日は、銀座に馬場まり子さんの個展を観た後、ARICAが公演中の歌舞伎町に久しぶりに足を運びました。バンカートの公演で慶人先生と共演されたご縁があり、その時の安藤朋子さんの身体の質感をまた見たいと思ったのです。

歌舞伎町の猥雑な雑踏を通り抜け工事中のような地下室を劇空間に仕立てたA to Zへ

芝居ですがセリフはほぼ同じ内容のフレーズが繰り返されるのみ。ドラマとしては何も展開せず、ある状況下の時間が延々と続くのです。

それでも同じ場所に雪が降り続き、風景が少しずつ変わっていくように、繰り返されるセリフは降りしきる雪のごとく劇空間の印象を少しづつ変えてゆき、身体の緊張感が見る側にも空間を体験させるという集中した時間の舞台でした。

終演後は出演者とワインを飲みながらお話を。いいちこをジャスミン茶で割っている安藤さんが印象的でした。

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ
にほんブログ村

広告

大野一雄先生生誕104年

昨日は104回目の大野一雄先生の誕生日でした。早めにお花を持って稽古場にいき、稽古場のかたづけを手伝いました。

間もなく始まる大野一雄フェスティバルで稽古場見学ツアーもあり、大がかりな整理をしているのです。

稽古の時間になるとやはりいろんな人が集まり、生誕104年を祝う小さく静かなパーティーとなりました。

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ
にほんブログ村

忙しい日曜日

昨日は、28日の慶人先生の公演の打ち合わせの後、谷中の旧平櫛田中邸で開かれている青島三郎展へ。

ご子息の青島左門さんが以前稽古場に通っていたご縁でご案内をいただきました。

エネルギッシュでユーモアにあふれた絵は、魂が飛び出てくるような印象を受けました。慶人先生も舞踏そのものだという感想をのべられておりました。

夜は、渋谷のアップリンクへ。岩名 雅紀さんが監督した夏の家族のトークショーに慶人先生がでられるので足を運びました。日本人の精神のたたずまいというセリフがとても印象的でした。

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ
にほんブログ村

細江先生の写真展

昨日、大野一雄先生の写真集「胡蝶の夢」をだされた細江英公先生の写真展を銀座のリコーギャラリーに行ってきました。

人間ロダン展と題され、研究所の舞踏の稽古でもロダンを参考にしており、これは見ておかなくてはと思い足を運びました。

彫刻なのになぜか人間の苦悩など生々しさ感じさせる写真はさすが細江先生です。

その後、横浜のテアトルフォンテに、一緒に大野先生の介護スタッフをした徳光さんの舞台へ。

やはり、大野先生が連続公演をした劇場は独特な雰囲気があり、美しい場面が見られた舞台でした。

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ
にほんブログ村

ハンガリーの舞姫

ハンガリーで国立オペラハウスの芸術監督を務めるBataritaが久しぶりに来日しまた。2年前来日し大野一雄フェスティバルでもいっしょに出てもらった思い出があります。その後ハンガリーで舞踏フェスを行い慶人先生を招へいしていただきました。

今月の15日金曜日には公演を控えており、東欧の独特の身体をもったダンスは必見です。

会場:楽道庵 

開場(open)7:30 pm  開演(Start) 8:00 pm

Fee 2000 yen

コンタクト:sekinoh@gmail.com 

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ
にほんブログ村

BankARTでの公演大成功

昨日無事慶人先生の公演が終了しました。

前半のアリカと首くくり𣑥像さんのパフォーマンスも素晴らしく最後のお客様の拍手も温かいものでした。

心配していた研究生出演のシーンも祈りが感じられたと感想をいただきホッと一安心です。

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ
にほんブログ村

ご来場いただいた方々本当にありがとうございました。