川越市立美術館で踊ります

今回も日ごろ色々と声をかけていただいている万目城氏からのお誘いです。
自然との共存がテーマのこの美術展に初めて参加します。出演者はその日の朝集合し、ワークショップ形式で作品を作ります。
研究所の後輩・久世竜五郎さんの舞踏指揮によるミュージシャンも加わるとのこと。
万目城さんいつもありがとうございます。
 
 
『国際野外の表現展・2010比企』の一環として行われる「川越市美術館」でのパフォーマンスー『印刻』 a sign of the timesー
 
この企画は万城目純の美術作品[ハンコ・アート]とコラボレーションです。
『印刻a sign of the times』は、2008年、神奈川県民ホールギャラリー『生きてる美術』展で初演され、横浜ザイムで横浜トリエンナーレ関連企画として、2009年には新国立美術館において数名から20数名のバレエやコンテ・ダンサー民族舞踊手や舞踏手・パフォーマー・音楽家の参加者と共に行われてきました。

問い合わせホワイトダイス

日時:9月19日(日)15時30分パフォーマンス開始。16時半閉館。
場所:川崎市美術館 川越市郭町2丁目30-1 TEL:049-228-8080 FAX:049-228-7870

 
 

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中