アバンギャルド少女

今日,

久しぶりにバンバートへ。朝倉 摂さんの舞台美術の展覧会です。題して「アバンギャルド少女」。

慶人先生が10月5日に踊るのでその下見も兼ねてでした。倉庫の空気を残すNYKの空間に劇場のための虚の装置が不思議なテイストをもって展示されていました。

当日は首くくり𣑥像もパフォーマンスをするとのこと。とても楽しみな時間です。イベントの詳細はバンカート
 

 

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ
にほんブログ村

広告

お久しぶりです

ブラジルのエミリがiいとこでビデオアーティストのジャアニーと久しぶりに来日しました。

エミリはタマンドゥアという今は解散してしまった舞踏にインスパイアされたブラジルのダンスカンパニーのメンバーでした。以前カンパニーが来日した時、急病で来日できなくなり、慶人先生が代役をされたご縁があります。

今回の来日は、ジャアニーのお父様の個展が天童市美術館であり、そこでパフォーマンスしたためとのこと。

最初に来日した時稽古の中で、一緒に踊ったことを覚えてくれていて感激でした。

 

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ
にほんブログ村

ご来場ありがとうございました!

万城目 純氏のハンコアートとの三回目のコラボが終わりました。いっしょに踊っていただいた相良ゆみさん・潤湖さん・入江平さん・秦真紀子さん・久世龍五郎さん・謡の富岡千幸さん久世さんの率いる音楽隊の皆さんどうもありがとうございました。

 万城目氏のハンコアート「印刻」この作品と絡みました。
終演後、美術館の入り口から仰ぎ見る川越の夕空。

 

 

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ
にほんブログ村

大野一雄・百歳の椅子

 先日、慶人先生から電話があり、釧路で麓工房を営んでいる勝光喜一さんが来ているのであなたもいらっしゃいといっていただきました。
 
勝光さんは釧路で人があまり使わないような扱いにくい木とじっくりと取り組んでテーブルや椅子を制作している木工家です。
 
その勝光さんが大野先生のためにつくった椅子が「大野一雄・百歳の椅子」です。
 
その椅子の姿は、細く凛としていてどんな空間においても緊張感があり、どこかエロティックでもありました。
 
近況をお聞きすると農業を始めたとのこと。それも勝光さんらしく無農薬どころか有機肥料も使わず、作物の生命力と大地の対話のみで育てるというもの。そんなことが可能なのかと思いましたが、自然のものは腐らず、なぜ畑のものは腐るのか?それは肥料で育てた野菜はメタボ状態であるから等のお話を聞き、目からうろこの状態でした。
 
もちろん農業と合わせて木工家としての仕事も続けていかれるとのこと。来年の収穫がとても楽しみです。
 
明日は、川越市立美術館です。
 
 

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ
にほんブログ村

川越市立美術館で踊ります

今回も日ごろ色々と声をかけていただいている万目城氏からのお誘いです。
自然との共存がテーマのこの美術展に初めて参加します。出演者はその日の朝集合し、ワークショップ形式で作品を作ります。
研究所の後輩・久世竜五郎さんの舞踏指揮によるミュージシャンも加わるとのこと。
万目城さんいつもありがとうございます。
 
 
『国際野外の表現展・2010比企』の一環として行われる「川越市美術館」でのパフォーマンスー『印刻』 a sign of the timesー
 
この企画は万城目純の美術作品[ハンコ・アート]とコラボレーションです。
『印刻a sign of the times』は、2008年、神奈川県民ホールギャラリー『生きてる美術』展で初演され、横浜ザイムで横浜トリエンナーレ関連企画として、2009年には新国立美術館において数名から20数名のバレエやコンテ・ダンサー民族舞踊手や舞踏手・パフォーマー・音楽家の参加者と共に行われてきました。

問い合わせホワイトダイス

日時:9月19日(日)15時30分パフォーマンス開始。16時半閉館。
場所:川崎市美術館 川越市郭町2丁目30-1 TEL:049-228-8080 FAX:049-228-7870

 
 

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ
にほんブログ村