現代詩手帖で大野一雄先生の特集

  思潮社の現代詩手帖9月号にて大野一雄先生の特集が組まれました。題して総力特集、大野一雄ー詩魂、空に舞う。

 
追悼文・過去のインタビュー・年譜等とても充実した内容です。
 
大野一雄の21世紀というコーナーでは以前ブログで書いたとおり介護日誌の抜粋や介護スタッフと慶人先生の対談があり、私の発言も載せていただいておりちょっと気恥ずかしい気持ちです。
 
介護日誌に書かれた先生の言葉を読み返すとなんと豊かで貴重な時間をともに過ごさせていただいていとのだと改めて身にしみて思い返されます。
 
「今からだってできないことはない。その気持ちがなければならない。やろうと思えば、今からだってできるはずです。ああなさけない。自分で一人歩きをみせてください。そうでなければやったことにならない。がんばってやれば最後にはできます、心配しないで。いい作品ができて、終わりになる。がんばってやってきなさい。かならずできる」ー介護日誌2003年5月15日(木)午前1時20分よりー
 
先生、本当にありがとうございました。
 
 
 
 

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中