下弦の月夜、釧路のドン降臨

  明日は、ブラヴォー 大野一雄の会が行われます。稽古場で準備を進めているところに釧路から小林 東さん(写真中央)が駆けつけてくださいました。

向かって右端に移っているのは、音楽の批評をしている中西良之さん(webサイトの言の葉も書いてくれてます)

搬出の力仕事に思わぬ助っ人で大助かりでした。

仕事の合間に蕭白の絵の前でパチリ。

東さんは知る人ぞ知るディス・イズのオーナー。アート・ジャズ・芝居・舞踏・文学等々ジャンルを超えて本物を求める求道者で、大野先生とはとても深い交流がある方です。

その仕事ぶりを紹介するには、一冊の本が必要でとてもブログでは書ききれません。

一仕事の後は、大野先生について、尽きぬお話を……..

話せばきりがないのですが、明日は仕込みで早いので早々に家路に。明日素晴らしい会になりますように。

 

にほんブログ村 演劇ブログ ダンスへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中