Zohar

 昨日は慶人先生とお兄様とともにBankARTのSpringOpen2010へ
 
イスラエル出身のダンサーZohar Chenのパフーマンを見せていただきました。ご主人とともに創っている作品で、BankARTにおいて制作中のものを公開しているもので水曜まで後4回行うとのこと。
 
制作中なので毎回内容が変わってくるらしいです。音楽もライブでしたがなかなかいいセンスをしており、お兄様も大絶賛。
 
舞踏を大野研究所で学んだZoharですが独特の身体の質感があり、十分見応えのある舞台でした。
 
1階のフロアーのイベントではなぜか首くくり𣑥象さんの首つりに遭遇。とても得した気分になりました。
 
 

神様の使い

昨日は、ワークショップをしている活動ホームで会議がありその前に時間があったので近くの明神様におまえり。

ふと気づくとお社の上に無数の白いものが待っていました。

よく観ると写真の蛾。うすぐもりのこの日に一斉にさなぎから成虫になったのでしょか。

会議の前にとても不思議な時間でした。

 

 

子供たちと

 昨日は、長年ダンスワークショップをさせていただている障がい者施設で子どものワークショップを実施。
 
4月からメンバーも新しくなり、昨日で2回目のワークショップメンバーそれぞれまだ緊張感があるものの花のつぼみが柔らかく開いていくように
子供たちの個性が少しずつあらわれて来ます。
 
舞踏の稽古でいつも取り組んでいる柔らかさ、内なる聖なる子供そのものが現れる瞬間です。
 
大切に大切にこの場を育てていきましょう。
 

久しぶりのJacki Job

 先日のJacki Jobのパフォーマンスを久しぶりにみに行きました。場所は横浜エアジンという関内にあるライブハウス。横濱国際インプロ音楽祭への出演でした。
 
Jackiとは去年の大野先生のお誕生日以来で半年ぶり以上だったけれども前より増して笑顔に深みがあり、母親としてもいい時間を過ごしていることが伝わって来ます。
 
出演者はJackiのほかにコントラバスの齋藤徹さん、シンガポールの多彩なアーティストZai KUNINGそれぞれ2人づつのインプロと3人一緒のインプロという構成。
狭い空間であったけれどそれそれがお互いを生かしあいひとつのクリエイティブな空間をつくってとっても気持ちのいい時間になっていました。
 
客席も30人も入ればいっぱいになる箱でしたが、これだけのメンバーでもったいないというか、なんて贅沢なという感じでした。